リノベ済み中古マンション、”施工忘れ”にご注意を!

リノベ済み中古マンション、”施工忘れ”にご注意を!

おしゃれなリノベーション済みの中古マンションが増えていますね。さくら事務所にもリノ済みのマンションを購入される方から、ホームインスペクター(住宅診断士)によるチェックへのご依頼を多数いただいています。

今回はホームインスペクターが比較的よく発見する、リノベ済み中古マンションでのとある”施工忘れ”についてご紹介したいと思います。

「ダクト」が繋がっていない!?

リノベ済み中古マンションダクト施工忘れ

ユニットバスの天井にある点検口を開け、天井裏をのぞいた写真です。
浴室換気扇の本体に本来くっついているべきの「ダクト(シルバーの蛇腹の管)」が接続されず、宙に浮いた状態となっているのがお分かりいただけるでしょうか?

 

リノベ済み中古マンションダクト施工忘れ

こちらの物件では、換気扇本体の排気口が完全に口を開けており、近くにつなげるべきダクトすら見当たらない状態。機械そのものは通電して順調に動くため、換気扇のスイッチを入れれば、吹き流し(白色のテープ)がゆらゆら揺れました。

こういった、換気扇と排気ダクトの”接続工事忘れ”、ありえないと思われるかと思いますが、実は頻繁に発見されるのです。

どちらのケースについてもまだ未入居でだったのが幸いでした。なぜなら、このままの状態で浴室を使い始めると、出口がない天井裏で加湿器をつけているようなもの。
いずれ、天井裏にカビが生えてもおかしくはありません。

 

なぜ”施工忘れ”が起きる?

どうしてこんな”施工忘れ”が起きるのでしょう?
今回のダクトのケースは、脚立にでも登らないと見えないユニットバスの上にあることに起因しています。きちんと繋がっているか確認しないでいれば、誰も気づくことなく壁が作られ天井が貼られ、部屋が完成してしまう、というわけです。

リノベ済み中古マンションユニットバス上のダクト施工忘れ

リフォーム工事を行う会社も検査をしていないわけではないでしょう。
換気扇が動いているか、吸い込んでいるかをチェックしている会社も多いと思います。

ただ、上配管がくっついていないだけで換気扇はちゃんと動く場合、換気扇を動かして吸い込みだけをチェックしてもこのことには気づくことができません。

 

ユニットバスの天井点検口は少し高めの踏み台があれば女性でも開けることができます。ただし転倒やフタの落下に注意が必要ですので、ご心配な場合は専門家にチェックしてもらうことをおすすめします。
リノベ済みマンションは見た目だけでなく、性能面において施工忘れがないかもしっかり確認しましょう!

 

これからリフォーム・リノベーションを考えている方にもおすすめです!
さくら事務所の中古マンション ホームインスペクション(住宅診断)

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可