しっかりチェックしたい! 建物の断熱性能

しっかりチェックしたい! 建物の断熱性能
新築、中古に限らず、住まいを購入するときは駅からの距離や買い物、学校といった毎日の利便性や面積、毎日使うキッチンなどの設備機器のグレード、建物の見た目といった外観が気になる、という方が多いかと思います。さらに住宅ローンを利用するなら毎月の支払いだけでなく、マンションなら毎月負担する管理費や修繕積立金、駐車場使用料なども気になるところ。
けれども、住まい選びで意外と見落とされがちだけれど大切なことがあります。そのひとつが「夏涼しく冬暖かい」を実現する、建物の断熱性能です。
断熱材

なぜ断熱性能は重要?

断熱性能が高い建物の場合、エアコンや床暖房などで一度お部屋全体を冷やしたり暖めたりすればその温度を長い時間が保つことができるため、電気代が安く済みます。エアコンや床暖房をつけ続ける必要がないため二酸化炭素の放出量が少ない、エコ住宅にもなります。
住まい選びの際にはこの断熱性能もよく調べてみないと、「夏暑くて冬は寒くて仕方ない」とか、「電気代が掛かりすぎて困った」など、住み始めてから後悔してしまうことになるのです。

断熱性能のチェック方法は?

比較的築年数の浅い中古住宅や新築住宅を購入するときに、その建物やお部屋の断熱性能を調べる方法が、いわゆる「(設計・建設)住宅性能評価書」と呼ばれる書類。

住宅性能評価書

この住宅性能評価書の5つめの項目には、「省エネルギー対策等級」といった等級が4段階で表示されています。その等級が何番目なのか確認するだけで、ある程度その建物やお部屋の断熱性能が分かるのです。
  • 等級4:もっとも新しい次世代省エネ基準(平成11年のレベル)
  • 等級3:新省エネ基準(平成4年のレベル)
  • 等級2:旧省エネ基準(昭和55年のレベル)
  • 等級1:省エネ対策が何も講じられていないレベル
ここで注意しておきたい点は、仮に選んだ住まいがもっとも新しい最大等級4の「次世代省エネ基準」であったとしても、その基準は今から10年以上前の基準であること。つまり、それほどハードルの高い基準ではないことを覚えておく必要があります。等級3の新省エネ基準とはさらにひと昔前の基準になることから、20年以上前の基準になっていることに気をつけましょう。
なお、マンションの角部屋と呼ばれる妻側住戸や最上階は、他のお部屋(中住戸)に比べ外部に接する壁や屋根の面積が増えるため「夏は暑く」「冬は寒く」なります。こういったお部屋を選ぼうとしているときは、なおさらその建物やお部屋の断熱性能をよく調べておきたいところです。
このように、建物やお部屋の断熱性能は家族の快適な生活だけでなく、ランニングコストといったお財布の中身にまで影響を与える大事な性能ですから、住まい選びには欠かすことのできない大事なポイントと言えます。
ご自身のチェックが難しい場合は、プロに任せると安心でしょう。
経験豊富なホームインスペクター(住宅診断士)が調査!
さくら事務所のホームインスペクションサービスはこちらからどうぞ。

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可