マンションリフォームは、換気に注意を!

マンションリフォームは、換気に注意を!

マンションのリフォームを行う際やリフォーム後の物件を購入される場合は、シックハウス対策が施されているか確認した方が良いケースがあります。

マンションリフォーム間取り図

建築建材や家具等から発散される化学物質の室内汚染(シックハウス)対策として、2003年から内装仕上げ材の制限、換気設備の義務付け等を建築基準法で規制が行われています。
2003年以降の住宅の居室には、例えば1時間あたりの換気回数最低0.5回以上行なう様に24時間換気設備が設けられているのです。
ところが2003年以前の建物の場合、マンションの外周りの壁は共用部分にあたる為、給気口や排気口を新たに設けることが難しく、居室の24時間換気を設けにくいという問題があります。このことから何ら対策をしていないことも多く、シックハウス被害が発生しています。
やむを得ない場合は、給気口の代わりに窓を少し開けて換気をしたり、給気口のある部屋に繋がるよう、間仕切壁に通風口を設けるなどの工夫をしてみましょう。またシックハウスに影響がない建材を使って室内汚染をしないように配慮しているか、工事開始や購入される前に設計者・売主に確認することもポイントです。
b_simple_5_0M
プロへのご相談を希望されるなら。
さくら事務所の中古マンション ホームインスペクション(住宅診断)をおすすめします!
b_simple_5_0M

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可