外壁 材、あなたはモルタル派?それともサイディング派?

外壁 材、あなたはモルタル派?それともサイディング派?

住宅購入時、立地や間取りなどは気にしても、屋根や 外壁 にはあまり目が行かない…。ホームインスペクションを行うと、そんなお客様にしばしば出会います。
屋根や外壁はメンテナンスが必要になるため、どんな材料を使い、どんな加工がされているかが、メンテナンス時の費用や仕上がりに影響してきます。
今回は外壁材の注意点についてご説明しますので、ぜひ参考になさってみてください。
一般的に外壁は①モルタル塗りの上に吹付タイル塗装や塗り壁、②サイディング張りの2週類が多く見られますので、この2種類について以下にまとめます。

モルタルの注意点!土壁調の仕上塗料

一般的に築10年~12年程度で外壁の塗り替え時期を迎えます。吹付タイル塗装であれば、塗り替えも同じような塗料で行うことが多いのですが、土壁調の仕上塗材(一般的にジョリパット・ベルアート等の呼ばれる装飾仕上塗材が多い)の場合は注意が必要になります。左官で塗った装飾仕上塗材に一般的な外壁の塗料を塗ると、どうしても既存の質感とは違って見えてしまうからです(吹付でも同様のことが起こる場合があります)。イメージ的には土壁の上にペンキを塗った感じがします。

塗装業者さんから塗料の違い等についての説明がなく、仕上がってみてビックリ!という事例に出会ったこともあります。ご自宅が土壁調の外壁の場合は塗り替えの際に、色だけでなく、どのような質感で仕上がるのかをサンプル等で確認されることをお勧めします。

また、一般的な塗料よりも高額になりますが、その質感を土壁っぽく見せるための塗料もあるので相談してみると良いでしょう。塗り替えの際は、腕が良いのは当然として、商品に詳しく、提案力のある業者さんを選びましょう。

mortar

サイディングは、質感の変化と費用に注意!

同様にサイディングの場合も注意が必要です。
凹凸感を色の濃淡で表している商品は、塗り替えの際に単色になってしまいます。近付いてよくみると、素材の凹凸と共に色の濃淡で凹凸感を出している商品は注意が必要です。

既存がタイル調の場合なども、タイル部分と目地部分で色が違うケースでも塗り替えると単色になってしまいます。透明な塗料もありますが、質感としては既存色に艶を出したような感じになってしまいます。

また、既存に擦りキズや凹みキズ等がある場合、その部分を色合わせ補修でもしない限りはそのまま残ってしまいます。新築当初、色や質感の好みだけで選ぶと、将来の塗り替え時に同じような質感が出ない場合があることも理解しておきましょう。

塗り替えによる質感の変化と合わせて注意したいのが、費用です。サイディングの場合は塗り替えの際にあわせてシーリングの打ち替えも必要になり、一般的な塗り替えより高額になります。現在の価格で10万~20万程度かかると覚えておきましょう。

sealing

モルタルとサイディングの注意点について、お分かり頂けたでしょうか。
注文住宅など、外壁をご自身で選択する場合は塗り替えのしやすさやメンテナンス費用も含めて検討をされると良いと感じられたかと思います。ご自身の要望とメンテナンス条件に合う外壁を選ぶと、将来安心ですね。

購入前に建物のコンディションを確認、今後のメンテナンスについて、ホームインスペクター(住宅診断士)からアドバイスしてもらおう!

首都圏 中古一戸建て(中古住宅)住宅診断(ホームインスペクション)
東海圏 中古一戸建て(中古住宅)住宅診断(ホームインスペクション)
関西圏 中古一戸建て(中古住宅)住宅診断(ホームインスペクション)
九州圏 中古一戸建て(中古住宅)住宅診断(ホームインスペクション)
北海道圏 中古一戸建て(中古住宅)住宅診断(ホームインスペクション)

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可