中古マンションの気になる” ニオイ ”、実は意外な原因が!

中古マンションの気になる” ニオイ ”、実は意外な原因が!
中古マンションで気になるポイントのひとつ、それは「 ニオイ 」。
自分の家だとにおいはあまり気にならないのに、他の家にお邪魔すると気になって仕方ないという経験をされた方、多いのではないでしょうか? 生活様式から、芳香剤やアロマなどの香りの好みまで十人十色。住まう人によって住戸内のにおいが違うのは当たり前ですよね。
中古マンションを購入する際、内見時には気づかなかったにおいが、生活する中で徐々に増してくることがあります。においの原因が分からずストレスとなってしまうケースも……。不快な臭気のもとを早く見つけて防ぎたいものです。

そこで、さくら事務所の中古マンションインスペクション(住宅診断)で見つかった「ニオイ」が室内こもる原因のひとつである「換気扇の不具合」について、ホームインスペクター(住宅診断士)が事例をもとにチェックポイントをご紹介します!

換気扇の吸い込み具合は、ティッシュ1枚で簡単にチェック!

トイレの換気扇の機能チェックは、ティッシュを使って行います。
まず、換気扇を運転させて、ポケットティッシュ1枚を吸い込み口至近距離にかざします。至近距離にティッシュを近づけたら、換気扇表面カバーにぴったり張り付く状態がベスト(撮影場所はユニットバスですが、トイレでもチェック方法は同じです)。
bathroom-kankisen
逆にくっつかない場合、換気扇があまりよくない状態と言えます。下の写真の物件では、トイレの空気を外に吐き出すべきところを、室内側に空気が吐き出されており、「排気ではなく給気」になっている状況に。これではトイレにこもった悪臭は排気されずに部屋の中にとどまってしまい、家の中にトイレ臭を広げる原因になってしまいます。 換気扇から風が噴き出ているということは、トイレの臭いを屋外に捨てるどころか、逆にトイレから廊下に向けて臭いを広げてしまっている、ということになるのです。
toilet-kankisen

あなたの家の換気扇、大丈夫ですか……?

この「トイレの換気扇が排気ではなく給気」になっている不具合、中古マンションインスペクションでは、結構な割合で見つかっています。機械音が鳴っていれば誰もが「換気扇は順調に動いている」と信じ、実際に空気が吸い込まれているかまでチェックしないからだと考えられます。
ちなみに、ティッシュを使うのは空気の流れの方向を可視化するため。
換気扇を動かして換気扇表面カバーに手を近づけた場合、給気していても排気していても、いずれの場合も風を感じますが空気が動いている向きまではわかりません。そのため、ティッシュを使えば空気の向きをしっかり把握できる、というわけなのです。
とても簡単な方法なので、「イヤなニオイをちゃんと外に排気」しているかどうか、自宅のにおいが気になるときや物件内見の際にはぜひチェックしてみましょう!

建物のコンディションやリフォームの可能性が分かる! 
首都圏 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)
東海圏 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)
関西圏 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)
九州圏 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)
北海道 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可