見落としがち!新築一戸建ては外周りも要チェック

見落としがち!新築一戸建ては外周りも要チェック

住宅購入は多くの方にとって一生に一度あるかないかの、大きな大きな買い物。見学時には見落としがないように、隅々までチェックしたいという気持ちは当然でしょう。

しかし、チェックポイントがつかめていないと、どこに落とし穴が潜んでいるのか、本当に見落としていないのか、細々とチェックしてしまい時間が足りないなど不安がつきません。

そこで今回は、新築一戸建ての見学の際に見落としてしまいがちだけど、住宅診断時には必ずチェックするポイントを住宅診断士(ホームインスペクター)がご紹介します。

境界をチェック

まずは敷地について確認しましょう。隣地や道路との境界には杭があります
もし、現時点でお隣さんとの近所付き合いが良好でも、相続や売買などによりお隣の(所有者)が突然変わってしまい、境界がハッキリしていないことでトラブルになることも。

トラブルを回避するためには、境界の位置は明確にしておく必要があります。杭の位置が図面と合っているかを確認しましょう。

また、境界杭がない場合は要注意です!

業者さんに確認をしたとき『後で外構工事と一緒に境界杭を設置しますよ』と言われても、後日チェックしたら設置されていないケースも往々にしてあります

建物の外壁をチェック

建物の外壁にはいろいろと固定されているものがあります。

例えば、電気メーター・ガスメーター・給湯器・雨樋を固定するための金物など、これらを実際に手で触って「しっかりと固定されているか」「ぐらつきがないか」確認しましょう。

このような器具は外壁にビス(ねじ)や釘などで打ち付けて固定をしてあります。防止処理もきちんとされているか、合わせて確認しましょう。

こちらは給気口のフードです。下から見上げると『へこんでいる』様子が確認できます。新築の物件でもこんな状態のまま引き渡されてしまうケースも。このように外周りを確認するだけでも、いろいろと不具合を見つけることができます。

他にも外壁とサッシに「すき間」がないか?
基礎周りに「ひび割れ」などがないか?
など、よく見てみましょう。

特に雪の影響や3月の引き渡し物件が多いので、職人さん不足による突貫工事になりがち。特に外壁部分や外構工事は工期遅れの影響が出やすい箇所。注意して観察してくださいね。

建物の傾きや床下・屋根裏の詳細を調べたい場合は、住宅診断の専門家『ホームインスペクター(住宅診断士)』にご相談ください!

第三者のプロ(住宅診断士・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
東海圏 新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
関西圏 新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
九州圏 新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)
北海道圏 新築一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可