まさかの!屋根裏ででくわす害獣たちとその被害

まさかの!屋根裏ででくわす害獣たちとその被害

屋根裏ででくわす害獣とまさかのこんな被害

さくら事務所の住宅診断(ホームインスペクション)では、屋根裏&床下の詳細調査をオプションとしてご案内しています。
実際に住宅診断士(ホームインスペクター)が屋根裏&床下に侵入し、点検口からは見えない範囲のシロアリ被害や雨漏り、構造にかかわる不具合などがないかどうかを隅々までチェックするサービスです。
そんな調査中、住宅診断士たちは思わぬ害獣たちに遭遇することも・・・。

害獣たちが屋根裏に出入りしているということは、「どこかに侵入可能な開口部分がある」証拠。

今回は、害獣そのものに襲われることは少ないものの、排泄するフンが住まいにダメージを与え、さらにはそこで暮らす人びとの健康にまで被害を及ぼす可能性が潜んでいる害獣をご紹介します。

脅威度第3位 ネズミ

797ab40bfb99e00452be583f906604b2

繁殖力旺盛なネズミたち。住み着いているということは、住まいのどこかにねずみが入り込む「スキマ」があるサインです。
いるだけで大きな被害につながるわけではないですが、後々、家のスキマから雨漏りなどの被害に発展する可能性もあるので要注意。

脅威度第2位 コウモリ

d0a03b0f891d1b27f1e8ed242915bd4a

少し都心を離れると遭遇することも多いコウモリ。彼らにとって今は繁殖期の真っ最中。
夜行性なので明るいうちはじっとしていることが多く、同じ場所にフンをします。溜まってくると天井から染み出してくるほか、乾燥した糞が空気中に飛散して感染症を引き起こすケースも。

脅威度第1位 ハクビシン

6d6583abcd3c73d3082a845f60982d64

近年、23区内でも目撃されることが多くなったハクビシン。

同じ場所に集中して排泄をする習性があるため、ひどい場合には糞尿で天井板が腐ったり、重さで抜け落ちたりしてしまう被害が発生しています。もしご自宅で見かけた場合には、急いで各自治体へ駆除の相談を!

害獣たちが住み着かないようにするためには

  • 侵入出来そうな開口部がないかどうか外回りをチェック!
  • 日頃からの定期的な点検とメンテナンスが不可欠!

もし、害獣たちを発見してしまったら、シロアリ駆除サービスを提供している会社に相談してみましょう!
業者によって対応できる範囲は異なりますが、シロアリだけでなく様々な害虫・害獣駆除サービスを提供している企業もあります。

屋根裏や床下は、一般の方が調査するには危険な場合も。
気になる方は、プロの住宅診断士(ホームインスペクター)に調査を依頼しましょう。

・首都圏 自宅一戸建て点検ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)
・東海圏 自宅一戸建て点検ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)
・関西圏 自宅一戸建て点検ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)
・九州圏 自宅一戸建て点検ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)797ab40bfb99e00452be583f906604b2

▼第三者のプロに住宅診断を依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可